妊婦さん1歳未満ママさん限定!アンケートでもれなくもらえる!5/31日まで!

食材は1週間分買いだめがおすすめ!宅配サービスを味方につけよう

みなさんの買い物頻度は1週間でどのくらいでしょうか?

週1回?週に2、3回?
中には毎日スーパーへ行く、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

毎日スーパーに行くと、その日の特売品が買えてお得ですし、
作りたいメニューが決まっている場合は狙った商品だけを購入すればいいですよね。

でも、お買い物に行く回数が増えれば、その分出費も増えてしまうんですよね。

子どもにお菓子をねだられたり、その時の気分でついで買いしてしまったり。

そんなちょっとした出費が積み重なって、まさに「チリも積もれば山となる」状態に。

さらに、コロナ禍である現在ならではの問題も。

混雑するスーパーへ行くことは感染リスクを高めることにもつながります。

そんな問題の解決には、「宅配で1週間分の食材まとめ買い」がとってもおすすめです!

 
主婦A子

そうは言っても、1週間分をまとめて買うと結構な量よね。
消費期限も気になるし・・・食材ごとの保存方法が知りたいわ。

主婦B子

いつも献立を決めてから買い物しているけど、
1週間分の献立を作っておくのは大変そう・・・

タブチ

これからそんな疑問をズバッと解決していきます。
主婦のみなさん、必見ですよ!

この記事でわかること
  • 1週間分の食材まとめ買いのメリット
  • まとめ買いに向いている食材と保存方法
  • まとめ買いの注意点
  • これでOK!まとめ買い上手への道
  • おすすめの食材宅配サービス

食材1週間分まとめ買いのメリットは?

メリットその① 買い物へ行く頻度を減らすことができる

都度買いは特売品が購入できてお得な反面、
チラシのチェックやスーパーへの移動時間も含めると
お買い物にかかる時間が長時間に及ぶという難点があります。

その点宅配サービスでのまとめ買いなら、お家で週に1回注文するのみのため時間の節約になりますね。

雨の日や寒い日に外に出る必要はないし、購入商品の量が多い、重くて運ぶのが大変といった問題も宅配であればクリアできますよ。

メリットその② 家計が把握しやすい

家計の管理は基本的に1ヶ月単位で行なっていると思います。

1週間に一度のお買い物であれば、1週間に支払った金額が簡単に計算できるため
家計が把握しやすくなります。

宅配サービスは口座引き落としやカード払いが基本なので、カードの利用明細書などをそのまま家計簿に流用することもできますよ。

定期的にカードの利用金額をチェックして使いすぎを防ぎましょう。

メリットその③ 衝動的なついで買いが軽減される

都度買いの場合はお買い物に行く回数が多い分、お買い得品や見切り品などのお得な商品を購入できて節約につながります。

しかし、レジ前に並んだお菓子や日用品など、その時の気分でつい余計なものまで買ってしまうことが多くなりがちです。

その点、宅配であれば不要なものが目に入る頻度も少なく、買うと決めていたものだけを選ぶことができます。

自宅のストックを確認しながら注文ができるので、買いすぎを防ぐこともできますよ。

タブチ

まとめ買いにも都度買いにも良い点はあります!
まとめ買いできないものや緊急のものはスーパーで買うなど
どちらもうまく活用したいですね!

まとめ買いに向いている食材と保存方法

野菜

じゃがいも、にんじん、玉ねぎは日持ちする上に色んな料理に活用することができます。

さらに冷蔵庫で保存しなくても良いので、常備しておきたいですね。

葉物類は野菜室に立てて保存すると日持ちしますし、鮮度が高いうちに下茹でして冷凍すれば色や食感を保ったまま保存できますよ。

解凍方法は冷凍のまま調理するか、電子レンジで加熱すればすぐに食べられます。

きのこ類は傷みやすいので、届いたものをその日のうちに冷凍することをおすすめします。

実はきのこは冷凍したほうが栄養価もうまみもアップするんですよ。

きのこは低カロリーな上に和・洋・中どの料理にも合う万能食材です。

しめじ、えのき、エリンギなどミックスして冷凍しておけば、時間がない時にもバター炒めなど簡単においしい一品が完成します。

鮮魚の他にも、冷凍魚や干物も良いものをたくさん取り揃えてあるところが多いです。

お刺身や鮮魚は届いたその日に使うか下処理をして冷凍しましょう。
翌日以降は冷凍魚や干物を活用するといいですね。

魚は特に、いつも同じものを買ってしまって調理のレパートリーも少なかったりしませんか?

宅配ではスーパーにはないいろんな種類の魚を選ぶことができますよ。

骨取り済みの切り身や、フライ・唐揚げなど衣がついた状態の便利な冷凍品もあって便利です。

魚と同様、届いた当日使う分以外は、作り置きおかずにしたり小分けにして冷凍保存しましょう。

冷凍する際は下処理をして味付けした状態にしておくと、解凍後すぐに調理に使えて時短になります。

また、「生姜焼き用」など用途が決まったものより、こま切れや切り落としなどを選ぶと、色んなメニューに使い回せるのでおすすめですよ。

卵・乳製品

「卵や乳製品は賞味期限が短いからまとめ買いに向かない」というイメージがありますが
そんなことはないんです。

卵は冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は約2週間ほど。(保存温度によって変動します)

牛乳は製造日から1週間〜2週間ほど。

ヨーグルトは10日程度、チーズやバターは半年程度と意外と長持ちします。(未開封の場合)

1週間単位でのまとめ買いであれば、十分安心して食べられるんですよ。

冷凍食品

ミックスベジタブルや枝豆、ミックスベリーなどの冷凍食品も便利ですよね。

彩りが足りないとき、あと一品欲しい時などに大活躍します。

冷凍食品は賞味期限が長いのが最大の利点です。
茹でうどんや丼ものの具などは、簡単に食事を済ませたい時の救世主でもありますね。

乾物

乾燥わかめは食卓にはかかせないお味噌汁、わかめの酢の物などに。
ひじきや高野豆腐は日持ちする野菜と一緒に煮れば栄養満点の煮物に。

冷凍食品と同様に賞味期限が長い上に栄養価も高く、積極的に摂りたい食材ばかりです。

パスタやうどん・蕎麦などの乾麺も休日の昼食時など強い味方になるので常備しておきたいですね。

缶詰

缶詰は常温でも長期保存可能で、料理にも使いやすいのでとっても便利です。

ツナ缶はお弁当や副菜に大活躍。
コーン缶はサラダなどに、トマト缶はスープやカレー、パスタソースにも使用できます。

缶詰はそのまま食べられて災害時の食料としても役立つので、常備しておいて損はない食材です。

タブチ

正しい保存方法を選べばほとんどの食材はまとめ買いが可能なことが
お分かりいただけましたか?

主婦A子

冷凍することで栄養価がアップする食材もあって驚き!
時短料理にも活用できるし、まとめ買いって思ったより難しくないのね。

まとめ買いの注意点

メリットの多い宅配サービスを利用したまとめ買いですが、注意すべき点ももちろんあります。

注意点その① 買いすぎに注意

届いた食材を保管する場所がない!
奥の方にしまってある缶詰や冷凍した食品の存在をすっかり忘れていた。
安い時にまとめ買いしたものの他の商品が気に入って使わなくなった。

こんなことありませんか?

つい新商品を試したくなる人や保管スペースが少ない人、片付けるのが苦手な人は、
まとめてたくさん買いすぎると損をしてしまう可能性が大きいので注意しましょう。

注意点その② 食材の無駄使いに注意

調味料や缶詰などは賞味期限が長く、いつの間にかストック品がたまっている場合も。

そうなると、「まだたくさんあるから」という理由で必要以上に食材を無駄使いしてしまったり、食材を粗末に扱ってしまうことがあります。

タブチ

ストック品は、「ストックがなくなったら買う」くらいの気持ちで
溜めすぎないようにしましょう!

これでOK!まとめ買い上手への道

まとめ買いをする時に困るのは、何をどれだけ買うべきか適量を見極めにくいことですよね。

量が少なすぎると足りなくなって追加で買いに行く必要があるし、
多く買いすぎると使いきれずにフードロスと化してしまうことも・・・

ここからは、まとめ買い上手になる方法を見ていきましょう!

1週間分の献立から買い物リストを作る

毎日スーパーに行く「都度買い」をされている方は特に、まとめ買いに抵抗があるのではないでしょうか?

そんなみなさんがまとめ買いを成功させる方法は、あらかじめ1週間の献立を考えておくことです。

と言っても1週間分の献立表を綿密に作るのは難しいので、
曜日ごとにメインの食材と調理法をざっくり決めておけば買い物計画が立てやすいですよ。

下の表を参考にしてみてくださいね。

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
魚料理
(煮る) 
肉料理
(蒸すor焼く) 
魚料理
(焼く) 
肉料理
(煮る) 
カレー  お好み焼き
(在庫一掃) 
贅沢デー  
主婦B子

月曜日は魚料理(煮る)だから・・・
カレイや赤魚の煮付けにしようかな?メインが決まると副菜も決めやすい!

タブチ

日曜日は牛肉や揚げ物など、特別感のあるものや
家族の好きなものを献立に取り入れると喜ばれますよ!

1週間で食材を使い切る気持ちで

食材が足りるか不安になって買いすぎてしまうと、使いきれずフードロスにつながってしまいます。

まとめ買い上達のコツは、「足りるかな?」くらいの量を1週間で使い切ることです。

缶詰や乾物も活用すれば、案外簡単に達成できてしまいますよ。

それに、普段考えもしなかった食材の組み合わせを思いついたり、お料理の幅も広がりますよ。

タブチ

慣れていくと人数×日数の適量がわかってきますよ。
買いすぎには注意しましょう!

おすすめの食材宅配サービス

食材宅配サービスで検索するとたくさんヒットしますよね。
どこがいいかな?と迷われている方に、代表的な3つのサービスの特徴をご紹介します。

オイシックス

オイシックスは、オーガニック食材や、簡単・時短調理ができるミールキットがそろう食材宅配サービスです。

オイシックスの特徴
  • 厳選されたオーガニック食材が手に入る
  • 1品から注文OK
  • 土日祝日も時間指定配送OK
  • 入会金、手数料0円、キャンセル料無料で全国どこでも配送OK
  • 「牛乳とか飲み放題」などの個性的なサービスがある

オイシックスには「牛乳とか飲み放題」というちょっと変わったサブスクサービスがあります。

一回の配達で約45品の中から3品が無料になったり、野菜と果物が常に20%オフになるサービスなんですよ。

家族構成やライフスタイルに合わせて無料商品をチョイスすることができるのが魅力的ですよね。

オイシックスの口コミを知りたい方はこちらから!

コープデリ・おうちコープ

コープデリ(地域によっては「おうちコープ」)は、関東一円でサービスを展開している生協による食材宅配サービスです。

コープデリ

コープデリの魅力は安全性が高いのに値段が安いというところ。

スーパーで売られている通常商品と同じくらいの価格でこだわりの商品が購入できますよ。

コープデリの特徴
  • 離乳食から日用品まで取扱商品の品揃えが豊富
  • 徹底した品質管理による安全性の高い食材が手に入る
  • 子育て世帯に優しいサービスがある
  • 週に1回指定の曜日に配達(曜日・時間帯の指定可能コースもあり)
  • 不在の時は置き配達OK(保冷剤付き専用BOX)
  • 配送地域は東京、埼玉、千葉、栃木、群馬、長野、新潟

食材だけでなく日用品もまとめて購入でき、重いものやかさばるものを届けてもらえるところも魅力的です。

離乳食や紙おむつもあるので、小さい赤ちゃんがいる家庭でも利用しやすいですね。

コープデリの口コミまとめはこちらから!

おうちコープ

おうちコープとコープデリの違いは配送地域と品揃えです。

コープデリよりも取扱商品は少なくなりますが、独自のセールを行うなど低価格を重視しています。

おうちコープの特徴
  • 「ギリギリ特化」という独自のセールを行っている
  • 子育て世帯とシニア世帯に割引サービスがある
  • 子育て世帯に優しいサービスがある
  • 不在の時は置き配達OK(保冷剤付き専用BOX)
  • 配送地域は神奈川・静岡・山梨

安心のコープ商品はじめ、10分で調理できる食材キットや、うらごし野菜などの離乳食商品を扱っています。

他の食材宅配サービスよりも商品の値段が安い上に、割引サービスも豊富です。

小学生未満のお子様がいる家庭や65歳以上の年齢の方がいる家庭には始めやすい宅配サービスですね。

おうちコープの口コミはこちらから!

パルシステム

パルシステムも生協の宅配サービスになります。
コープデリ・おうちコープと比べると
食の安全性や品質により力を入れている無添加志向の食材宅配サービスです。

パルシステムの特徴
  • 独自の品質基準をクリアした商品のみを取り扱っている
  • 食材は産直が基本
  • 産地や生産者の情報がわかる
  • 不在の時は置き配達OK(保冷剤付き専用BOX)
  • クレジットカード決済OK
  • 配送地域は東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・福島・山梨・長野・静岡・新潟


新鮮な産直野菜は、生で食べてもおいしく、甘みがしっかり感じられると好評です。

ハムやウインナーなどの加工肉も無添加で安心して食卓に出すことができますよ。

他にも、こだわりの製法によって作られたデザートも人気です。

パルシステムが気になる方はこちらから!

まとめ

いかがだったでしょうか?

1週間まとめ買いをするだけで、

  • 買い物に行く頻度が少なくなる
  • 家計が把握しやすくなる
  • 無駄遣いが減る

などの良い点がある上に、宅配サービスならではのこだわり食材を注文できたり荷物を運ぶ手間が不要になったりと良いことづくめです。

紹介した宅配サービスは、全てお試しセットを購入することが可能です。

一度お試しで商品を試してみて、味やサービスを比べてみるのも良いですね。

きっとライフスタイルにあった宅配サービスが見つかりますよ。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。