生協の宅配をはじめてみませんか?子育て中の方必見!子育て割引で 妊娠中~小学校入学まで宅配手数料がずーっと無料!

【次亜塩素酸水の使い方】気になる体臭や洋服の臭い対策!消臭スプレーの作り方

 

旦那さん

ただいまー、今日も営業まわりで汗をかいたな。ちょっと臭うかな?

奥さん

除菌用に買っておいた次亜塩素酸水があるから臭い対策の消臭スプレーが簡単に作れるわよ。

旦那さん

それなら手軽に作れそうだな!持ち運べる小さなスプレーを作るのもいいね!

強い消臭力をうたった商品は巷にあふれていますが、次亜塩素酸水にも強力な消臭力があり、また薄めて使えばコストパフォーマンスも高く、消臭した後は水に戻るという点でも安全性が高く、「消臭剤を使ったことで洋服が汚れる」なんて言う矛盾もなく快適に使用ができます。

コロナ禍の除菌対策で購入した次亜塩素酸水があまってませんか?消臭スプレーを作ることで有効に活用できますよ。

 

 

 

消臭スプレーの作り方

  • 消臭スプレー

濃度50ppm(作り方の基準に合わせて濃度を調整する)

薄めた次亜塩素酸水をスプレーボトルに入れる。

  • 除菌・消臭スプレー

濃度200ppm(作り方の基準に合わせて濃度を調整する)

薄めた次亜塩素酸水をスプレーボトルに入れる。

100円ショップにスプレーボトルや、携帯しやすいアトマイザーが売っていますので探してみてください。

作り方の基準

作り方の基準については次の通りです。なお、詳細な算出方法については、「次亜塩素酸水の薄め方」を参照してください。

分類原液濃度作り方
消臭スプレー
濃度50ppm
400ppm元の量に対して水道水を8倍で薄める
100ml作る場合、12.5mlの次亜塩素酸水に87.5mlの水道水を加える
200ppm元の量に対して水道水を4倍で薄める
100ml作る場合、25mlの次亜塩素酸水に75mlの水道水を加える
100ppm元の量に対して水道水を2倍で薄める
次亜塩素酸水と同量の水道水を加える
除菌・消臭スプレー
濃度200ppm
400ppm元の量に対して水道水を2倍で薄める
次亜塩素酸水と同量の水道水を加える

わずかな塩素臭がしますが、薄めて使う分には気になりませんし、少量のハッカ油(数滴、あまり入れるとスースーします)を入れることでメントールの香りをつけることもできます。

気になるところにシュッとスプレー

次亜塩素酸水で作った消臭スプレーは、次のような用途で使うことが出来ます。

分類用途
消臭スプレー
濃度50ppm
汗や足など体臭
洋服の消臭(臭いの強い料理やタバコの臭い)
枕の消臭
マスクの消臭
除菌・消臭スプレー
濃度200ppm
靴の中の除菌・消臭
※菌の繁殖によって臭いが発生している場合、消臭と除菌を兼ねて200ppm程度の次亜塩素酸水をスプレーすると効果的です。

 

まとめ

市販の消臭スプレーを購入するのもいいですが、次亜塩素酸水にも十分な消臭・殺菌効果があります。次亜塩素酸水はあまったまま保存しておくと濃度が低下していくので消臭スプレーを作って早めに使い切るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。