お祝いや贈り物に鯛の本場明石で創業50年【明石めで鯛や】

行方市の高齢者向け配食サービスを解説!普通の宅配との違いとは?

 

突然ですが、みなさんは配食サービスというのをご存じですか?

このサイトにたどり着いてくださった方はきっと、配食サービスに興味があって読んでくださっていると思います。

どんなものかよくわからない。

毎日の栄養を考えた食事、家族一人一人に合わせた食事を毎日欠かさずできるのが理想だけれど…毎日はとても無理。

毎日簡単に栄養管理できたら。

家族みんながストレスなく楽しく食事できたら。

離れて暮らす家族がずっと健康でいて欲しい。

行方市では、65歳以上の高齢者の割合が37.6%となっており、3人に1人は65歳以上、8人に1人は80歳以上となっています。

また、2022年4月1日には過疎地域に指定もされています。

茨城県行方市では、介護事業所による安否確認サービスや家事援助、配食サービスを行っております。

高齢者ゴミ出し支援事業というのを行っており、地域活性化に向けて日々活動している地域となっております。

自分のために。大切な家族のために。

手間をかけずに栄養管理をして健康に暮らしたい。このサイトはそんな想いを抱えている方にぜひ読んでいただきたい内容となっております(^^)

配食サービスを始めようか検討している方へ、配食サービスとはどんなサービスなのか、メリットやデメリット、普通の宅配サービスとの違いなどを解説していきます。

おすすめ宅配ランキング10選【2022年最新版】

 

1.高齢者向け配食サービスとは?

高齢者向け配食サービスと聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?





注文した食事を自宅まで配達してくれるサービス!あとは、食材を届けてくれたりとか?

なるほど、なるほど。

大体の方がこうお答えすると思います。

 

え、違うの?

 

はい、全力でお答えします!

高齢者向け配食サービスとは、ただ単に料理を注文して自宅に届けてくれたり、頼んだ食材を自宅まで届けてくれるサービスでもありません!

注文した料理を自宅に届けてくれるまでは同じです。一番の大きな違いは、理栄養士監修のもと完成した食事を自宅まで配達してくれるサービスということです。

配食サービスの提供者は社会福祉法人、民間業者などです。

また、一人暮らしの高齢者向けに安否確認サービスを行っている場合もあります。

安否確認サービスって?

安否確認サービスとは、食事を届けた際に安否確認をして家族に報告をしてくれるサービスです。

離れて暮らしている両親や祖父、祖母も年をとって高齢になってきて今は一人で暮らしているから心配…など、なかなか帰省ができないこの時期は私も常にそう思っています。

食事を届けるだけではなく、一人暮らしている大切な家族の安否確認までしてもらえたら、自分も安心して暮らしていけますよね。

では次に、どんなメリット・デメリットがあるのか?解説していきます。

2.配食サービスのメリット・デメリット

配食サービスとはどんなサービスなのかはお分りいただけたと思います。

では次に、どんなメリットやデメリットがあるのかを解説していきます。

配食サービスのメリット

 

先ほどお話しした安否確認サービスがあるというのもメリットの一つですが、配食サービス最大のメリットは手間をかけずに毎日栄養価の高い食事ができるということです。

これ以外にも、以下のようなメリットがあります。

  • 調理の手間を省ける
  • 買い出しに行く手間が省ける
  • 医師から食事制限をされていてもおいしいご飯が食べられる
  • 毎日栄養バランスの良い食事ができる
  • 一人一人の身体や悩みに合わせたものを選べる

高齢になってくると、食べ物がうまく飲み込めなかったり、医師から食事制限をされることも多くなってくると思います。

高齢者向け配食サービスには、きざみ食やおかゆのような流し込めるものもあるので、飲み込む力が弱くなっても食べやすくなっているので、ストレスを抱えることなく食事ができます。

また、家族が多い場合は特に一人一人違うメニューを毎日、なんてとても無理です。

配食サービスのメニューは、健康志向の方にもいいメニューがそろっているので。高齢者の方だけではなく、家族みんなで一人一人に合ったメニューを選んで食事をすることもできるんです。

配食サービスは、管理栄養士によって管理されているメニューが豊富なので、糖質や塩分を気にされている方や飲み込む力が弱ってきてしまった方など、一人一人に合わせたメニューが必ず見つかります。

では、逆にデメリットはなんでしょうか?

配食サービスのデメリット

サービスというのはなんでも、メリットがあればデメリットもあります。

デメリットは主に以下のようになります。

  • 年会費や送料がかかったり、日時指定不可、直前のキャンセルができない場合がある
  • その日の気分で食事を決められない
  • たくさんあってどの配食サービスにしたらいいかわからない

定期便などになると、今日はこれが食べたいからとその日の気分でメニューが決められなくなりますが、健康的に食事がとれるのは間違いないです。

持病があって病院にいかなければならないなど休養ができた時のキャンセルなど、直前のキャンセルはできない場合があるのも要注意です。

また、たくさんのサービスがある分よく調べないと年会費や送料がかかるケースもあります。

年会費はかかってもいいから送料はかからないものがいい、など色々なサービスがあるのでそちらも後に詳しくご紹介いたします。

3.行方市の高齢者向け配食サービスおすすめ3選

これまで、配食サービスとはどんなものか、配食サービスのメリットやデメリットなどをお伝えしてきましたが、続いてはたくさんある中でどこのサービスが良いのかを解説していきます。

年会費無料、送料無料(一部除く)まごころケア食

まごころケア食は、日にち・時間指定が可能です。

一食あたり462円からあり、基本送料無料となっています。(一部除く)

14食など購入すると冷凍庫を無料でレンタルができちゃいます♪自宅の冷凍庫に入りきるか?などの心配もありません。

管理栄養士監修の栄養バランスの良いメニューが豊富です♪

気になる方はこちらを参考に↓↓

https://magokoro-care-shoku.com/

 

CMでもお馴染み配食サービスのトップ!ワタミの食卓

ワタミの食卓は、塩分やカロリーに配慮されたメニューになっているので、健康志向の方や子育てで料理をする時間がない方など高齢者以外の方にも向いています。日時指定はできませんが、家族で利用できるのが嬉しいポイントです♪

興味がある方はご覧ください↓↓

https://www.watami-takushoku.co.jp/

食生活相談もできるウェルネスダイニング

おすすめ3選の中でもやわらかめ食やムース食などが一番あります。家族みんなでというよりは、高齢者向けになっていますね。

医師から食事制限をされた方でも安心できる制限食を専門としています。送料がかかってしまうのが難点ですが、日時指定は可能です。

詳しく知りたい方はこちら↓↓

https://wellness-dining.co.jp/

4.高齢者向け配食サービスおすすめランキング

先ほどご紹介したおすすめ3選以外にも、さまざまなサービスがありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

【介護食宅配ランキング9選】食べやすいやわらか食!徹底比較選び方ポイント付

5.まとめ

これまで高齢者向け配食サービスについて、メリットやデメリットなどをお話してきましたが、いかがだったでしょうか?

配食サービスは、高齢者ご本人はもちろんのこと、周りの家族の負担も軽減できるサービスです。

必ずしも介護士さんがついているご家庭ばかりではないはずです。食事のサポートがあるだけで、日々の生活に余裕がうまれます。

高齢者本人も見守る側も、そして、離れていても一緒に暮らしていても、大切な家族みんなが健康でいること、それがなによりの幸せの証だと思います。

健康でいることが人生で一番の幸せです。この機会にぜひ検討してみてくださいね。

この記事が少しでもみなさんのお手伝いになっていたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。