お祝いや贈り物に鯛の本場明石で創業50年【明石めで鯛や】

【足利市】高齢者の暮らしを守る優しく美味しい配食サービスとは?

超高齢者社会と言われる時代。日本の人口の約30%が65歳以上になっています。

栃木県足利市も約5人に1人が65歳以上になっています。今のところ平均よりも65歳以上の割合は低いです。

しかし、ゆくゆくは3人に1人が65歳以上の高齢者になると言われています。

歳をとると今まで問題なくできていたことが、だんだん難しくなっていったりしますよね。

歳をとってきて、台所に立つのが大変だわ。

近頃出かけるのがだんだん大変になってきたなぁ。

ご自身やご家族の方で、このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今回はそのような方のために、高齢者向け配食サービスをご紹介します。

配食サービスって?

そもそも配食サービスってなあに?

はじめて配食サービスという言葉を耳にした方もいるかも知れません。

配食サービスとは、その名の通り自宅に食事を届けてくれるサービスです。

家にいるだけで、食事が届くなんてとっても楽ちんですよね。

自分で調理をするのが難しくなってしまった方や、時間がない方が利用し、栄養バランスの考えられた食事を摂ることできます。

配食サービスのメリット・デメリットは?

配食サービスにはどんなメリット・デメリットがあるの?

次に、配食サービスのメリット・デメリットをご紹介します。

配食サービスのメリット

自分で料理を作らなくて済む

歳を重ねると腰が曲がってしまったり、足が悪くなってしまったりして長時間台所に立つのが大変になりますよね。

なるべく時間をかけないように、簡単な料理しか作らなくなってしまう方が多いようです。

そうなると栄養バランスの偏りなどが心配です。

配食サービスを利用すると自分で料理をする負担を減らし、栄養バランスの良い食事をとることができます。

買い物に行く頻度を減らせる

足利市のような地方では、買い物に行く時などにはまだまだ車が必須になります。

ですが、最近高齢者による自動車事故をよくニュースで目にします。

その影響もあってか、はやめに免許の返納を考えている方やご家族に返納するよう言われている方が増えていますよね。

運転ができなくなってしまうと、移動できる範囲がすごく少なくなってしまいます。

買い物に行って重い荷物を持って帰ってくるのもかなり大変です。

配食サービスを利用すると食材を買う頻度を減らせるので、結果として買い物に行く頻度を減らすことができます。

安否確認ができる

他に誰か家族の方がいれば良いですが、今は共働きの世帯がほとんどなので日中は高齢者が一人になってしまうケースが多いです。

また、高齢者のひとり暮らしも増えてきています。

そうなると日中になにかあった場合心配ですよね。

配食サービスを利用すると決まった時間に直接食事を届けてくれます。

「いつもはすぐ来てくれるのに、今日は玄関に出てこない」など小さな変化にすぐ気づくことができます。

配食サービスのデメリット

コストがかかる

配食サービスを利用するにあたって、どうしてもコストがかかります。

どの配食業者やコースを利用するかによって異なりますが、だいたい1食当たり400〜800円かかります。

1日2食、週5日利用したとして1ヶ月に16,000〜32,000円の出費です。

年金だけの収入では大変な方も多いと思いますので、利用者の予算に合わせて利用頻度やコースを工夫する必要がありますね。

咀嚼力などに不安がある方は注意が必要

咀嚼力(噛む力)や嚥下力(飲み込む力)に不安がある方は注意が必要です。

配食サービスには、利用者の方に合わせて食材の切り方や、料理方法(ムース食やおかゆ食など)が選べる場合と選べない場合があります。

「せっかくサービスを利用したのに、届いてみたら食べられるものがあまり無かった」とならないようにしっかり確認しておきましょう。

より利用者に合わせた介護者向け配食サービスも

前述したように咀嚼力などに不安のある方に向けて、より細かく調理方法を選べる介護者向け配食サービスもご紹介します。

選ぶときのポイントや、おすすめのサービス業者もご紹介していますので、ぜひ読んでみて下さい。

【介護食宅配ランキング8選】食べやすいやわらか食!徹底比較選び方ポイント付

足利市のおすすめ配食サービス

配食サービスって言っても、いろいろあってどこを選べばいいか分からないな。

調べてみても、たくさんの配食サービスが出てきてどこを選べば良いのか分かりにくいですよね。

足利市で利用できる僕的おすすめ配食サービスをご紹介します。

配食のふれ愛

引用元:https://www.h-fureai.com/

配食のふれ愛ではこだわり抜かれた原材料で、味付けや栄養バランスなどに配慮した食事をすることができます。

利用者の状態に合わせて「カロリー調整食」や「たんぱく調整食」、「ムース食」など様々なコースを選ぶことができます。

「ムース食」のサービスがない業者が多い印象なので、咀嚼力に不安のある方も安心して利用することができます。

さらに食材の切り方も選ぶことができるのは大きなポイントです。

引用元:https://www.h-fureai.com/

ライフデリ

引用元:https://lifedeli.jp/main.html

ライフデリでは普通のお弁当はもちろん、糖尿病・腎臓病の方向けのお弁当や嚥下が困難な方向けのお弁当など幅広いメニューがあります。

なので持病をお持ちの方、咀嚼力に不安がある方など幅広い方が利用できるのが特徴です。

さらにしっかり安否確認もしてくれて、もしなにかあった場合には、緊急連絡先(家族やケアマネージャー)に連絡をしてくれます。

それに加えてライフデリを使用している方は「らいふコール」という自動電話による安否確認サービスが無料で利用できます。

これを利用すれば毎日安否確認をすることができるので、遠方に高齢の家族がいる方などは、かなり安心することができるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。今回は配食サービスとはなにか?から足利市で利用できる配食サービスをご紹介しました。

配食サービスはコストはかかってしまうものの、高齢者の方の負担をさまざまな面で減らすことができますね。

その方の状況に合わせていろいろなサービスを利用できるのも良いところだと思います。

僕も実家に祖父母がいるので、ぜひこういったサービスを利用して元気に長生きしてほしいなと思いました。

足利市で利用できる配食サービスは持病がある方でも利用できたり、しっかりと安否確認がついていたりと充実したサービスを受けることができます。

足利市にお住まいの方やご家族が足利市にいる方などは、ぜひ利用を検討してみていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。