生協の宅配をはじめてみませんか?子育て中の方必見!子育て割引で 妊娠中~小学校入学まで宅配手数料がずーっと無料!

記憶に残るおいしさ!テイクアウトが可能な秩父市グルメ7選

秩父といえば、都心からも近く自然豊かな行楽シーズンには持ってこいの観光地です。

春には桜、夏にはウォーターアクティビティが楽しめ、秋には紅葉、冬には秩父夜祭りやあしがくぼの氷柱など年間を通して楽しめる場所です。

今回はそんな秩父旅行をしたときに立ち寄りたくなるグルメをご紹介します!

テイクアウトも可能なので、ぜひ秩父の景色がいい青空の下で食べるのもいいですね。

次の秩父旅行の際に行ってみてはいかがでしょうか?

【コープデリ口コミまとめ】多くの声から見えるメリットとデメリット

 

二八そば ひらい

お店の外観は少し「おっ!?」と思うかもしれませんが、店主のこだわりぬたおいしいお蕎麦をいただくことができます。

もりそばに加え、粗く石臼でひいて太めに切った田舎そばは香りでも楽しめる逸品です。

お蕎麦のだしで使用する鰹節、わさび、塩、そして水は平成名水百選にも選ばれた毘沙門水(びしゃもんすい)を使用しており、蕎麦好きの方なら一度は食べていただきたいです。

ランチセットでは、もりそばと天丼のセットなどボリューム満点のメニューもありますよ!

こちらのお店も人気店なので、待ち時間は必須です。

店名二八そば ひらい
住所〒368-0004 埼玉県秩父市山田2675-20
電話番号0494ー25ー1293
ホームページhttp://chichibu-hirai.com/
営業時間火曜定休日
11:30~15:00
予算700円~

※新型コロナの感染状況により、営業時間・メニューなどが変更になる場合があります。

 詳しくは、直接お店にお問い合わせください。

 

ちんばた

秩父にはたくさんの名物グルメがありますが、名物のB級グルメといえば『わらじカツ』です。

名前の通り、わらじのような大きなカツがどんぶりに乗っており、お店ごとに独自の味が楽しめます。

ちんばたでは、特製の甘辛ダレが食欲をそそるわらじカツ丼が絶品です!

せっかく秩父まで来たなら、名物のひとつは食べて帰らないとですね。

また、ちんばたではお酒の種類も豊富で秩父銘酒も飲むことができるので、ディナーで訪れた際などには秩父ならではのお酒も楽しんでみてください!

店名ちんばた
住所埼玉県秩父市大宮5919
電話番号0494-26-7004
ホームページhttps://chinbata.com/
営業時間月定休日

土日祝
11:00~15:00(L.O 14:30)
17:30~22:00
(お食事のみL.O 21:30)

水~金
11:00~14:00(L.O 13:30)
17:30~22:00
(お食事のみL.O 20:30)

予算1000円~

※新型コロナの感染状況により、営業時間・メニューなどが変更になる場合があります。
 詳しくは、直接お店にお問い合わせください。

 

PNB-1253(ピー エヌ ビー イチニゴサン)

最後は雰囲気を変えて秩父エリアでおしゃれなカフェをご紹介!

こちらのお店では秩父産のそば粉を使ったおしゃれなガレットが食べられ、お店の雰囲気も抜群におしゃれなので写真映えもする素敵な場所です。

ブックギャラリーが併設されているので、本がお好きな方も楽しめる空間です。

朝食やランチで利用するのもいいですが、デザートガレットもあるので、ランチにガッツリ秩父名物を食べた後に訪問するのもいいですね!

店名PNB-1253(ピー エヌ ビー イチニゴサン)
住所埼玉県秩父郡皆野町大字下田野1253-1
電話番号0494-62-6323
ホームページなし
営業時間水曜・第一木曜定休日

11:00~19:00
※冬季は18:30まで

予算900円~

※新型コロナの感染状況により、営業時間・メニューなどが変更になる場合があります。

 詳しくは、直接お店にお問い合わせください。

 

秩父からあげ きすけ食堂

1つ目にご紹介するのは「秩父からあげ きすけ食堂」さんです。

すべてお店の手作りで、いつでもできたてのお弁当を提供してくれます。

ボリューム満点の量で、なんといっても唐揚げが手のひらサイズの大きさでジューシーです。

電話予約で待ち時間なく購入でき、大量注文も受け付けているのでぜひ問い合わせてみてください。

ちなみに唐揚げサンドイッチやフルーツサンドもテイクアウトできるのでぜひチェックしてみてください。

お弁当価格500円~870円
住所埼玉県秩父市道生町8‐19 清川ビル1F
電話番号0494‐26‐7558
ウェブサイト秩父でランチ・居酒屋・宴会・女子会なら きすけ食堂 (chichibu-kisuke.com)

武島家

2つ目にご紹介するのは「武島家」さんです。

秩父市で90年以上愛でされ続けている老舗です。

いなりずしとのりまきの専門店でとても濃厚な味わいということが特徴です。

お酒とも合うので、秩父の夜景と武島家さんのお寿司ともに晩酌してはいかかでしょうか。

お弁当価格いなりずし1個80円~
住所埼玉県秩父市番場町16‐4
電話番号0494‐22‐0739
ウェブサイト秩父で育った伝統の味 武島家 『秩父地場産センターポータルサイト』 企業情報 (find-chichibu.jp)

野さか

3つ目にご紹介するのは「野さか」さんです。

なんと秩父名物の豚みそ丼をお弁当にした豚みそ丼弁当が販売されています。

秩父に来て迷ったら「野さか」さんに行けば間違いないでしょう。

こちらもテイクアウトしていただき、家の中でも思う存分秩父を満喫できます。

お弁当価格900円~1,100円
住所埼玉県秩父市野坂1‐13‐11
電話番号0494‐22‐0322
ウェブサイト秩父名物 豚みそ丼本舗 野さか|西武秩父駅から徒歩3分 (butamisodon.jp)

秩父うさぎだ食堂

4つ目にご紹介するのは「秩父うさぎだ食堂」さんです。

秩父の食材にこだわった手作り弁当で、たくさんの食材が詰まっています。

秩父鉄道のSL車内弁当とコラボされているくらいですので、美味しさは間違えないです。

そして、お弁当のテイクアウトだけでなく、ピザのテイクアウトもやっているので1日うさぎだ食堂さんのテイクアウトだけで過ごせそうですね。

お弁当価格980円
住所埼玉県秩父市下吉田3942
電話番号050‐5486‐8030
ウェブサイトツーリストテーブル 釜の上 秩父うさぎだ食堂 – 秩父食材のレストラン (gorp.jp)

まとめ

お弁当をテイクアウトして秩父を堪能したくなりましたでしょうか?

自然に囲まれ、景色を眺めながら食べても、家でゆっくり秩父を感じるのも良いですね。

ご紹介させていただいたお店はテイクアウトのメニューだけでなく、もちろん店内で食べる料理も絶品です。お土産にお弁当の持ち帰りでもいいかもしれません。

秩父市に来たときは、ぜひ立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。