お祝いや贈り物に鯛の本場明石で創業50年【明石めで鯛や】

あきる野市が認定する高齢者用配食サービスの2社を比較してみた

はじめに

高齢の離れたご家族の毎日の食事が心配だったり、ご自身で食材の買い出しや料理ができない方におすすめの配食サービスです。

あきる野市で高齢者向けの配食サービスをお探しの方に向けて、情報をまとめてみました。

あきる野市で配食サービスの補助を受けるための重要点や詳細について。

サービスの利用を考えるべきケース、メリットとデメリットと合わせて、利用した際のトラブル事例も紹介してみようと思います。

今回は、あきる野市から補助を受けるために指定されている2社に絞って重要なポイントで比較してみたいと思います。

あきる野市の高齢者配食サービス

配食サービスを使う際に、自治体から補助が受けられる対象かどうかを知ってからのサービス選びをすることをおすすめします。

対象者であるのに補助を受けないのは少しもったいないですからね。

あきる野市が公式に出している事業目的、対象者、補助額は以下のようなものになっています。

目標

  • 在宅において食事の調理が困難な高齢者に対し、定期的に訪問して、栄養のバランスのとれた食事の提供と安否確認をおこないます

対象者

市内に住所を有する65歳以上のひとり暮らし、世帯全員が65歳以上の世帯、また、これに準ずる世帯の高齢者で次の各号の一つに該当する方

  • 心身の状況その他の理由により食事の調理が困難なため定期的な食事の確保に支障があると認められる方
  • 『その他市長が特に必要と認める方

費用負担

1食500円(生活保護世帯は250円)

引用  あきる野市HP https://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000004254.html

ここで注意点が1つあります。あきる野市では、補助を受ける際に選べる配食サービスは現在のところ2社とされています。

それ以外の企業を使う場合だと、現在のところ補助は受けられませんのでご注意ください。

電話にて問い合わせてみたところ、これから選択できる企業は増えることも考えられるそうです。

気になる方はあきる野市のホームページ等で細かいチェックは必要だと思います。

配食サービスを使うべきケース

  1. 離れて住んでいる高齢の家族を持つご家族の方
  2. ご自身が高齢で食事の準備に不安がある方
  3. 栄養価の高いものを手軽に食べたい方

1つ目ですが、離れて暮らす高齢のご家族がいると毎日がとても心配ですね。

配食サービスは、配達員が決められた時間に食事を届けて、直接手渡して姿を見ることと会話をすることで安否確認の代行を担っています。

日々のご家族の様子が気になって仕方ない方におすすめできるサービスでしょう。

もちろん『もしも』のときはご家族やケアマネジャーに連絡が入るので、早い段階で異変に気付いてあげられます。

次は2つ目。ご自身が高齢で食事の準備が不安というケースです。

食事のための買い出しなどが不要というポイントだけではなく、火を使うことも減って火事の心配もなくなりますね。

3つ目も実際に多い利用目的で、高齢になると栄養バランスのとれた食事を好んで食べるようになります。

そういった食事を、自炊ではなくもっと簡単、手軽に取り入れたいという理由で配食サービスを利用されています。

配食サービスのメリットとデメリット3つ

メリット

  • 利用者の負担が減る
  • 献立を考えなくてもいい
  • 体調に合わせた栄養バランス

やはりいちばんのメリットは食事のための負担が減るという部分が最大の利点でしょう。

ご高齢になればどうしても動けない時もあると思います。

食事の手間から解放されることにより、趣味に時間を多く使うこともできます。

好きなことに時間を多く使ってストレスなく生活できることに繋がればいいですね。

デメリット

  • 送料などにより割高になるケースも
  • 体のための薄味に飽きがくる
  • 気分でメニューは選べない

気になるデメリットとしては、自炊よりも割高になる点だと思います。しかし、その部分はものの考え方次第ではないでしょうか?

「献立決め」「買い出しのための外出」「食べるための調理」そういったことから解放される点も含めて考えてみると、意外と安いサービスだと思います。

週単位や月単位で献立が決まっているので、その日の気分で好みの物を食べるといったことはできません。

体に良い食べ物というと、どうしても薄味なイメージがあります。

しかし、それをカバーできるように各企業は試行錯誤して美味しくお弁当を食べてもらおうと工夫を凝らしています。

薄味好き、濃い味好き、味の好みは個人差が大きく出る部分です。

本契約の前に試食などをしっかり利用して各企業の味や質を確かめてからの契約をしてくださいね。

配食サービス利用でのトラブル

高齢者向けの安否確認を合わせ持つサービスなので、利用状況によってはお弁当を家の中まで持ってきてくれる配達員の方もいます。

玄関チャイムが鳴ってから在宅者が対応するまでに時間がかかれば、玄関から入り様子を見るための行動をされるのは当然と言えます。

人によっては、防犯上の問題だと指摘する人もおられるでしょう。利用者と配達員の気持ちの良い関係性ができて成り立つサービスです。

そのような問題にならないためにも、契約時には細かい内容までしっかりと相談することも必要だと思います。

あきる野市認定配食サービス2社の比較

まずはあきる野市から補助を受ける際に認定されている『宅配クック123』『ライフデリ』の2社の主要部分のみを表にして比較してみましょう。

 宅配クック123ライフデリ
送料無料無料
代金の目安594円~831円
ごはん付きメニュー
522円~811円
ごはん付きメニュー
土日祝注文可能(正月3が日は休み)可能(正月3が日は休み)
朝食昼・夕食をご利用の方が対象昼・夕食と合わせて注文可
(真空パック)
試食65歳以上初回注文のみ無料65歳以上初回注文のみ無料

なかなかこの表だけでは判断しづらいかもしれませんね。では、次は各社でもう少し細かい部分をみてみたいと思います。

宅配クック123

全国約350店舗あり、取り組みは各自治体からも評価されているそうで全国約430の行政から指定配食事業者として業務を委託されているのが『宅配クック123』です。

おすすめポイントとして、厚生労働省が推進する『認知症サポーター養成講座』の受講修了者が全国に沢山いるという安心感があります。

配達のときは手渡しを原則としていて、顔を合わせることができない場合はすぐにご家族やケアマネージャーに連絡するので、確実な安否確認に繋がると思います。

対応できるメニュー
  • 普通食
  • カロリー・塩分調整食
  • たんぱく・塩分調整食
  • 透析食
  • やわらか食
  • ムースセット食
  • 消化にやさしい食
  • 健康ボリューム食

他にも特別食などのお楽しみ提供や、オリジナル体操DVD、会報誌のプレゼントなど『お節介な取組み』として色々な企画を用意しています。

食事の面以外でも利用者に飽きがこないような工夫がされていますね。

宅配クック123 公式HP

ライフデリ

おすすめポイントは、完全無料特典の『らいふコール』という安否確認サービスがあることです。

このサービスは、ご自宅で自動音声電話を受けた高齢者の反応が、ご家族にメール送信されるという大変便利なサービスです。

通常であればこのサービスの利用には別途料金が掛かってしまうところ、配食サービスの利用者は無料で使えるのが魅力的なポイントです。

対応できるメニュー
  • 普通食
  • カロリー調整食
  • 透析食
  • 腎臓食
  • やわらか食
  • ムース食

個人的に大変素晴らしいと思ったことですが、ライフデリの食事は基本的に塩分が控えめだそうです。

薄味ではなくはっきりとした味付けをするための工夫として、昆布とカツオから取ったダシで下味をしっかりと丁寧につけているそうです。

通常の製造業ではコストを下げるために使用する添加物ですが、その添加物を避けて本物の調味料を使うといったこだわりもある企業なのです。

ライフデリ昭島・あきる野・福生店 公式HP

高齢者向け宅配

上記2社以外にもサービスの選択肢は沢山あります。次の記事は介護食宅配のランキングBEST8です。他も検討してみたい方の参考になると思うので是非読んでみてください。

まとめ

あきる野市の補助対象と補助金額は要確認。

配食サービスの利用を考えるべき人は、家族の安否確認をしたい。食事の準備から解放されたい。より質が良い栄養バランスを求める。

メリットは食事の準備と献立に悩まずにバランスの良い食事ができる。

デメリットは決まったメニューで変更は効かない。薄味に飽きが来る。送料でちょっと割高になるケースもある。

安否確認自体がトラブルにならないようにしっかり打ち合わせをする。

 

さいごに

今回比較した2社はどちらも甲乙付け難いです。ご自身やご家族に1番必要なサービスとは何なのかをよく確認し合いながら決めたいところですね。

僕だったら、両方を週替わりで契約してみます。実際にサービスを利用する中で、最善のサービスを選択する方法でもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。