【川崎市地域情報】ゲームはもちろん、ダーツ・サッカー・バッティング・アーチェリーなど盛りだくさんのコンテンツが定額で楽しめる、ラウンドワン 川崎大師店の「スポッチャ」

【川崎市地域情報】ゲームはもちろん、ダーツ・サッカー・バッティング・アーチェリーなど盛りだくさんのコンテンツが定額で楽しめる、ラウンドワン 川崎大師店の「スポッチャ」

ゲームセンターというとどうしても不健全なイメージが付きまといますが、ラウンドワンのスポッチャは体を動かすコンテンツを複数用意していて、しかもそれが定額制でお金を気にせず楽しめるという、うれしい施設です。

ラウンドワン川崎大師店は4階建ての建物で、3・4階がスポッチャの専用エリアになっています。

屋外の4階にはフットサルやバスケット・バレー・バトミントンなどができるコートが複数あって、1回あたり10分の時間制限の入れ替え制で利用します。

10分と決まっているので、休日に行ってもそれほど待つことなく色々なコンテンツを楽しめますよ。子供の遊びというだけでなく、大人の日頃の運動不足解消にもぴったりです!

あまりやる機会のないアーチェリーやバッティングなど珍しいコンテンツも楽しめますよ。

バッティングは子供にも安全なようにヘルメットが設置されていて、ボールも柔らかめの軟球が使われています。スピードも80㎞からあり子供でも楽しめるようになっています。

ダーツやビリヤード、卓球やローラースケートなどそれぞれ別々にに子供たちに体験させるのは一苦労ですが、スポッチャならいっぺんに遊び倒せます。

普通のゲームセンターに連れて行くとお金がかかって仕方ないアーケードゲームも、スポッチャなら定額制なので気にせず遊ばせられます。

太鼓の達人やレースゲームなど、1世代前の筐体が並んでいる感じですが、最新のアーケードゲームを求めてきているわけでもないので楽しく遊べました。

今回は休日に行ったので大人2人・子供2人(小学生)の計4人で7,700円かかりました。お昼ご飯も含めて1万円見当ぐらいで考えていたので、また予算ないかなという感じです。頻繁に遊びに行ける価格ではありませんが、子供たちもずいぶん喜んでいたので、たまにはいいかなと。

※詳しい料金はこちらをご確認ください。

ちなみにお昼ご飯はスポッチャが終わってから食べたのですが、施設内で食事をされたいお客さん用にフードコートも設置されています。

ただ、冷凍食品やチルド食品が中心になるので、あまり美味しいとは言えず、施設内にテーブルやベンチもあるので、事前にコンビニで購入して持ち込んだ方が良さそうです。